Original-原作紹介

原作者プロフィール

東京都生まれ。杉並区出身の関東連合元リーダー。IT・芸能の分野で活躍。経済界のみならず政界にも幅広い人脈をもっており、現在は複数の企業の筆頭株主として、主に投資と企業コンサルタントの仕事を行っている。警察当局から関東連合の資金源と目されてきた人物。

著書 いびつな絆 ~関東連合の真実~ 紹介

とある暴走族集団に過ぎなかった関東連合が、成人後も東京都心の盛り場、渋谷、六本木などの顔役になっていった経緯とは何だったのか?
また、メディアを騒がせた「朝青龍暴行事件」、「市川海老蔵事件」の真相とは?
そして、2012年9月に起きてしまった「六本木クラブ襲撃事件」の知られざる背景とは?
世間の人々が抱いてきた「関東連合とは一体いかなる組織なのか?」という疑問にあますところなく応える内容となっています。

元関東連合幹部である著者は、決死の思いで本書を書き上げました。
著者は現在、対立する関東連合幹部から「制裁」の対象となっています。
理由は本書に詳しく述べられていますが、「六本木クラブ襲撃事件」をめぐり関東連合の実質トップ・見立真一容疑者(国際指名手配)と完全に対立したからです。
本書は書籍まるごと一冊がスクープともなる内容であり、関東連合という組織に、これ以上、惨劇を繰り返させないため、「解散」さえ呼びかける内容となっています。

著書 破戒 ~関東連合少年編~ 紹介

ベストセラー『いびつな絆』に続く第二弾となる関東連合の内幕手記。
関東連合「伝説」の幹部である工藤明男が決死の思いで綴りました。

世田谷区、杉並区の閑静な住宅街を中心に誕生した関東連合。
「少年編」と題されるように、10代だった頃の関東連合の様相が克明に綴られています。
後の「六本木クラブ襲撃事件」で割れてしまうことになる見立真一と工藤明男。
二人がまだお互いの力を認め合い、蜜月だった頃。
襲撃、報復、抗争、資金調達の中で、関東連合はいかにして勢力を拡大してきたのか?
夜の世界に絶大な力を持つ大物OBとの邂逅がもたらしたものとは?

前作では綴られなかった工藤明男の知られざる幼少期を中心に、その特異な生い立ちと、捨てきれなかった少年の野望が描かれています。
不良の世界で本気で頂点を目指した男の、転落の軌跡を綴った回顧録。